Project MCAP-CR

多自由度バスレフ型スピーカーシステムの研究開発

物理モデルに基くシミュレーションソフトウェア開発


Google このサイト内の検索ツールです。



広告について
広告内容は、広告代理サーバが独自に決めています。
私自身はどのような広告が出るのか分かりません。
もしも、興味のある広告を発見したら、覗いてみてください。
興味のない広告はクリックしないようお願いいたします。


管理人について

本名 鈴木 茂
居住地 東京
電子メール mcapspeakers@gmail.com

連絡には、上記アドレスか、Inquiry Formをご使用ください


オーディオ暦 スピーカー自作暦

中学時代よりオーディオに興味を持ち始めました。 およそ昭和の終り頃、当時働いていた会社の研修のときに、講師の英国人がスピーカの自作をしていたのが目に留まり、 真似をして Fostexの FE166Σでバ スレフを製作しました。
そのときにあまりの音の良さに愕然とし、無理して購入したONKYOのMONITOR2000を捨て、それ以来、自作の道を目指すようになりました。

自作の教科書は、長岡鉄夫先生の著書類としていました。 他の教科書類も読んでみたのですが、工学的には疑問に感じるものばかりでした。 その後自分のオリジナルの道を歩み始めてから、工学の教科書が自作の教科書となりました。

バスレフシステムから始め、ドロンコーン、バックロードホーン、共鳴管を製作し、現在は多自由度バスレフ型システムの研究開発を続けています。

スピーカ以外の自作にはあまり興味がありませんが、アンプについては、少しずつ勉強しています。

スピーカーとは

自分にとってスピーカーとはオーディオ装置の中核と思っています。

スピーカーシステムは、空気を駆動する装置なので、機械的には最も興味があります。
なかでもフルレンジがシンプルなため、研究開発の対象にしています。

広いオーディオルームを持つまでの間は、マルチウェイには手を出さないことにします。

好きな音楽

古典音楽全般が好きで所有するCDは、CD棚には収まりきらず、増え続けています。 数えたことはありませんが、数千枚はあるでしょう。
LPもCDと同程度を所有していますがこちらは、これ以上増える見込みがなさそうです。

好きな分野は古典音楽全般ですが特に20世紀ものも好んで聞いています。
一般にはあまり人気のない曲が多いと思います。オペラ、交響曲、器楽曲、室内楽など何でも好きです。

ジャズも聴き始めています。 ジャズもその中でのジャンルが多いので、知識は殆どありませんが、あまり深く考えずにリラックスできるものが好みです。

生の音楽

生の音楽で感動することは多いですが、絶対にオーディオには 敵わないこと は、聴きたいときに聞けないことと、 同じものを2度聞けないことだと思います。
生のほうがオーディオより良いのですが、上記の理由により、オーディオにも拘りたいと思っています。

生演奏は結構聞いているほうではないかと思います。
日本での演奏会の高額料金にうんざりしているので、外国で本場ものを聞きたいと思っています。

日本でもオペラを聞きに行きますが、頻度が高くはありません。
値段が高すぎるのもその理由ですが、それだけではなく、ベストの 席は一般には入手できないこと、席の多くがS席であることが主な理由です。
殆どの席が最高グレードなんて馬鹿にされているとしか思えません。

リファレンスシステム

現在、下記のシステムを使用しています。

LPプレーヤ Kenwood KP-1100(殆ど使用し ていません)
(SHURE V15-TypeIV, Audio Technica AT-33ML OCC)
CDプレーヤ 日立 DVL-P900(DVDプレーヤ)
パワーアンプ Accuphase P-350
Uniel PA-036
プリアンプ Accuphase C-2000
Technics SU-C1000MKII(休眠中)
プリメインアンプ YAMAHA A-S300
スピーカーユニット Feastrex NF5-Ex
Tangband W5-1611SAなど

深く考えて上記のようなシステムにしたわけではありません。

  • KP-1100は、学校を出て働き始めた年に無理して購入しました。ものすごく良い製品だと思います。
  • パワーアンプのP-350 は、安売りしていたのを買ったものです。メーカーが気に入ったので、プリアンプもアキュフェーズにしました。 このアンプが壊れても、また、アキュフェーズを購入したいと思います。
  • CDプレーヤーは、値段ほどの差を感じないので、寸法制約の中で最低価格品のDVDプレーヤーを購入しました。自分の耳には高級品との音の差はわかりません。
  • プリメインアンプA-S300は、高級品との比較のために購入したものです。自分の使い方には、これで上等で、このアンプに不満はありません。
  • 励磁型のスピーカーユニットNF5-Exは、自分の身の丈に合わない高級品ですが、面白そうなので導入しました。このユニットの音は、他にないものと思います。
  • 自作のこだわり

    工作は好きですが、工作へのこだわりはあまりありません。
    自分で開発した MCAP-CRシステムの、20cmシステム1号機は、製作を外注しました。 プロの仕上げなので売れそうなほどの完成度ですが、だからといって、その分気に入る訳ではなく、最終的には設計で決まると思います。

    一番こだわっているのは、自分で設計することで、しかも、長岡先生のコピーや一部変更では、満足はできません。
    長岡コピーのほうが音が良いこともあると思いますが、今ではMCAP-CRをはじめとする多自由度バスレフ型に優位性を感じているので、 もう長岡式を作ることはないと思います。

    自分のオリジナル設計は、穴開き共鳴管から始まりました。
    共鳴管は模倣ですが、穴開きはそれまでどこにも見つからなかったし、 効果も素晴らしいものでした。
    その後、4連バスレフを設計製作し、これは失敗しましたが、これがMCAP-CR開発のきっかけとなり、成功につながりました。

    MCAP-CRは、最も優れた方式のひとつであると信じており、自作ファンには是非ともお勧めしたいと思います。

    オーディオメーカー

    最近は、故障しない限りオーディオ装置を買わなくなったので、メーカーへのこだわりはあまりありません。 購入後によく面倒を見てくれるメーカーであればそれで満足します。

    国内メーカーの多くはオーディオを不採算商品として切り捨ててしまったようです。 その結果、価格が高騰し、残っているメーカーがいい思いをしているようもに見えます。 何が正しい値段なかはよく分かりません。 アナログプレーヤとスピーカーシステムを別とするとローエンド品とハイエンド品との差は、殆どない場合が多いように思います。

    現在の製品は、見た目の豪華さ、ブランドイメージが先行して、商品そのものの質の評価が取り残されているように思います。

    内容に対して高価過ぎる製品は決して買いません。

    スピーカーユニット

    スピーカーユニットのメーカーとしては、 Fostexよりも Tangbandのほうが好きですが、日本では、一部しか入手できないのが難点です。

    フォステクスのユニットのサイズは国際標準のようになっていますが、丸型フレームはコストの無駄と思います。
    角型フレームにし て、ネジの PCD(取付ねじ穴の中心を通る円の直径)を大きくして欲しいと考えています。
    そうすることで、ユニットのマウントが容易になります。

    フォステクスの限定品は、FE108S、FE208SS、FE103Memorial、FE103En-Sを購入しました。
    108Sは良い音だと思いますがフランジが小さすぎてマウントが大変です。
    208SSは、巨大で使いきれず、結局手放してしまいました。
    103Memorialは、べつにどうっていうことないもの で、限定品である必要性を感じませんでした。

    フォステクスで気に入っているのは、FE166Σですが、すでに販売中止になっています。
    限定品は、特に優位性があるとは思えないのでで、もう買わないと思います。

    かつてのように、スピーカーユニットの製造メーカーが国内にも複数出てくることを望んでいます。

    読者の方にお願い

    多自由度バスレフの理論や計算式等の検証には、時間をかけて慎重に行っています。
    しかし、私は学者ではありませんので、間違いも十分有り得ます。
    もしも間違い等を発見されましたら、ご連絡頂きますようお願いいたします。
    また、内容に不明な点、お気付きの点が御座いましたら、ご連絡頂きたくお願いいたします。


    注意事項

    MCAP-CRは、2012年に特許が 成立しています(特許第 5083703号)
    契約による以外のMCAP-CRの商 用利用は禁じます。
    MCAP-CRの商用利用を検討され る場合には、 ご連絡ください。
    評価のために、実際に製作することは、商用利用とは看做しません。
    また、商用以外の使用に制限はありません。

    管理人: 鈴木 茂

    広告(リンクは別画面で表示されます)