Project MCAP-CR

多自由度バスレフ研究所

Multiple-Degree of Freedom Bass-Reflex Laboratory


Google このサイト内の検索ツールです。





バスレフの理論は解明されているが...

バスレフ方式は、従前から工学的に解明されています。 ヘルムホルツの共鳴と位相反転を利用して効率的に低音再生を補強するバスレフは、単純ながら効果の高い方式です。 しかし、理論が単純なため、理解と追求はないがしろにされているかもしれません。 バスレフ型の拡張としては、ダブルバスレフ型があり、アマチュアを中心に作例が多くありますが、 方式そのものは、メーカーでさえも手を出しにくいようです。

私は、バスレフ型という方式の原点に戻り、拡張を追求してきました。 その結果、バスレフ型を一般多自由度に拡張することで、低域の音圧やレンジを改善するだけでなく、 低域の聴感上の分解能が改善することが確認されました。

多自由度バスレフ型の開発にあたっては、原点に立ち返って、運動方程式モデルから始めました。 理論は、一般的には難しいところがありますが、この方式でスピーカーシステムを設計・製作することは、 難しくありません。

このシステムの開発を通じて、多くの方から助言や協力を頂きました。
改めて御礼申し上げます。

このページでは、作例や、技術的理論、コンピュータプログラムからソフトウェアまで様々な情報を公開しています。 下記に従って自由にご活用ください。 不明な点が御座いましたら、ご質問ください。

管理人: 鈴木 茂

商用利用について

商用利用は歓迎します。
特許の技術は、一定数まで無償で使用を許可しています。
商用利用の場合には、下記条件にご同意ください:

  • 書面にて契約すること。
  • 取扱説明書またはカタログに特許利用の許可を示すこと。
  • 取扱説明書またはカタログに特許の内容を明示すること(ウェブサイトのリンクで良い)。
  • 製造・販売者の独自設計を用いること。 技術サポートが必要な場合は、ご質問ください。
  • 上記の条件は、予告なく変更する場合があります。その場合にも、既に契約した内容は、契約期限まで有効です。

    このサイトで配布されているソフトウェアは、設計、研究、開発目的で自由に使用することができます。
    詳細は、ソフトウェアどれぞれの許諾条件を参照して下さい。


    注意事項

    MCAP-CRは、2012年に特許が 成立しています(特許第 5083703号)
    契約による以外のMCAP-CRの商 用利用は禁じます。
    MCAP-CRの商用利用を検討され る場合には、 ご連絡ください。
    評価のために、実際に製作することは、商用利用とは看做しません。
    また、商用以外の使用に制限はありません。

    広告(リンクは別画面で表示されます)