Project MCAP-CR

多自由度バスレフ型スピーカーシステムの研究開発

物理モデルに基くシミュレーションソフトウェア開発


Google このサイト内の検索ツールです。


シミュレーションソフトウェア


解析ツール

多自由度バスレフ型のモデル構築を続けてゆくうちに、MCAP-CR型のシミュレーションが出来るようになりました。

初期は、CUIプログラムで、シミュレーションしていましたが、あるソフトウェア技術者の方にご指導頂き、 GUI付ソフトウェアが出来てきています。

このソフトウェアを用いれば、標準MCAP-CR型の他に、ダブルバスレフ、シングルバスレフ型のシミュレーションも可能です。 更に云えば、ユニット単体のシミュレーションも出来ます。

計算アルゴリズムは、左のメニューの『技術文書』をご参照ください。
ソフトウェアコードには説明書が付属しています。
一部、Windows上でのバイナリ実行ファイルが付属しています。
他には入手できない貴重なものですので、是非ともお試しください。

Material#
Description
Released Date
Notes
code001E
Standard MCAP-CR Simulator Program rev.1 in C++
2012/01/30
Source code with release note.
code001J
標準MCAP-CR型シミュレータプログラムコード(C++)
2012/01/29
要コンパイル(説明書付)
exec002E_win_x86
Windows x86 バイナリ実行ファイル付、標準MCAP-CRシミュレータプログラムプレリリース版 2013/01/18
英語版説明書付
exec002.2E_win_x86
マイナーアップデート; Windows x86 バイナリ実行ファイル付、標準MCAP-CRシミュレータプログラム。 減衰項の設定が可能です。
下記最新版をダウンロードしてください。
2013/02/01

実行ファイル(1/5)
分割ファイル(2/5)
分割ファイル(3/5)
分割ファイル(4/5)
分割ファイル(5/5)
プログラムソースコード(Linux / Windows)+取扱説明書のみ
GUI付シミュレーションソフトウェア。日本語版説明書を同封しました 2013/04/09
ウェブサーバの制約により、1.44MBずつに分割してあります。
右クリックしてファイルをダウンロードしてください。
全部ダウンロードしたら、exeファイルを実行すると、元のZIPファイルになります。
ソースコードをコンパイルして使用することを推奨します。
GUIのソースコードをコンパイルするには、Qt4.7(及びGCCまたはMinGW)が必要です。
code003J
標準MCAP-CRシミュレータCUIプログラム DFT解析付リビジョン1
2013/05/01

code004J
標準MCAP-CRシミュレータプログラム DFT解析付 - 複数ケース解析 2015/1/2
C++ソースコード(Linux/Windows)および説明書.
Windows x86 32bitバイナリ実行ファイル付. - コマンドラインから実行します.

ライセンス
GUI付ソフトウェアのライセンス形態は、GPLです。
CUIバージョンは、同封の使用許諾契約に従ってください。


注意事項

MCAP-CRは、2012年に特許が成立しています(特許第 5083703号)
契約による以外のMCAP-CRの商用利用は禁じます。
MCAP-CRの商用利用を検討される場合には、 ご連絡ください。
評価のために、実際に製作することは、商用利用とは看做しません。
また、商用以外の使用に制限はありません。

連絡先: mcapspeakers@gmail.com

管理人: 鈴木 茂

広告(リンクは別画面で表示されます)